頬のにきびがなかなか治らなかったら試してみて! >

頬のにきびがなかなか治らなかったら試してみて!

頬にきびがなかなか治らない時におすすめのニキビ専用化粧水は?ニキビケア化粧水で評判の良い化粧水をご紹介中です。なかなか治らない頬のニキビにおすすめです。
写真

頬ニキビを治すためには

頬ニキビに悩んでいる方、特に生理前になると頬にニキビができて、それがどんどん悪化してしまうことはありませんか?「またここにもあそこにもニキビ、ニキビ。。」と鏡を見るたびに憂鬱な気分になってしまいますよね。

頬ニキビができる原因をできるだけ取り除き、適切な治療やスキンケアをすることで悪化を食い止めることができ、頬ニキビを治すことができます。そのためには、まず頬ニキビの原因を理解する必要があります。

女性


頬ニキビの原因として考えられることは、ホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアによる雑菌の増加、食生活の乱れや体調不良からくる胃腸の不調などが挙げられます。女性には月経があり、月経サイクルにより分泌されるホルモンが変化したり、ストレスにより自律神経が乱れることでもホルモンバランスに影響を及ぼします。

頬のニキビが治らないのは、主に以上のようなことが考えられますが、脂質や糖質が高い食べ物を控え、規則正しい生活習慣をおくること、丁寧な洗顔と保湿を基本とした正しいスキンケアといった方法により、お肌は改善されます。

しかしながら、悪化した顎ニキビを放っておくと色素沈着やクレーター化してしまうことがあるため、悪化する前に皮膚科を受診し、抗生物質や塗り薬などで適切にニキビを治しましょう。

またホルモンバランスが原因である場合は婦人科を受診して相談してみても良いでしょう。

ニキビの膿

ニキビは、化膿してしまうこともあります。ニキビの膿は、ニキビの末期症状とも言われています。症状を放置した結果、原因とされるアクネ菌が増えて、炎症が悪化します。増えすぎたアクネ菌に血液中にある好中球が攻撃して炎症がさらに悪化してしまいます。膿は、この二つが戦った後にできた好中球及びアクネ菌の死骸の部分です。

 では、膿を持ったニキビを潰してしまうことはいい結果をもたらすのか悪い結果をもたらすかについてですがこれは皮膚科医の間で見解が分かれています。潰してしまう事でさらに症状がひどくなると考える医師もいますし、逆によくなると考える医師もいます。

 膿んだニキビを潰すと駄目と考えている医師の主張としては、潰した結果毛穴の壁が壊れて炎症が広がることがあるためです。その結果として肌に跡が残ってしまうため駄目と考えています。

一方正しい出し方ならば潰しても大丈夫と考えていてむしろ潰してしまったほうがよくなると考える医師もいます。膿が外へ出るための出口をつくり、ニキビの膿の中心を爪楊枝などで表面部分だけを刺しておけば良いとされます。

しかし、膿の奥まで出し切ろうとはしないことが重要です。これはその奥の部分までを出し切ることはかえってまたニキビを増やしてしまいかねないためで、表面部分だけを出すようにすると良いでしょう。

奥の部分については放置すれば自然に分解されますので放置しても大丈夫です。

女性


Copyright (c) 2014 頬のにきびがなかなか治らなかったら試してみて! All rights reserved.
▲ページの先頭へ
全身脱毛が早いエステ